2006年08月12日

命を大事にしないヤツなんて大嫌いだ

つづき(笑)


ゲド戦記といったら、指輪物語やナルニア物語と並ぶ3大ファンタジーひらめき
それをジブリがやるってことと、監督が宮崎駿の息子になったことで、どうなるのか楽しみだったexclamation


ストーリー
人間とは別の域に生息していた竜が、人間の住む世界に現れて共食いを始めるなど、異変が起こりはじめた多島海世界『アースシー』。
異変の原因を探るべく旅に出た大賢者ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺して国を飛び出してきたエンラッドの王子・アレンと出会った。
2人はともに旅を続け、ハイタカの昔なじみ・テナーの家へ身を寄せる。しかしテナーと共に住んでいた少女・テルーは、心に闇を持ち自暴自棄となるアレンを嫌悪するのだった…。


率直な感想として、壮大なファンタジーであるゲド戦記をジブリが手がけたのは失敗だったね。。。
6部作くらいあるものを2時間くらいの映画に纏めるのはもちろん無理なことだろうけど、余りにも話がまとまってなかったたらーっ(汗)
話の出だしに人間界に出現してきた竜の存在から、世界の均衡が崩れている原因を探るはずなのに、最後の方になるとアレンが立ち直っていくという流れに変わっていて、最初の大きなテーマが途中で消えてしまっていた。。。
確かにこの映画はメッセージ性がある映画だとしても、そのメッセージも台詞で言ってるだけで、映画から伝わってくるものがなかったふらふら
宮崎五郎がダメだったのか、父である宮崎駿がやればまともな作品になったのかはわからないけど、こんな駄作はジブリで初めてみたよ(苦笑)

原作だとちゃんと説明があり、繋がるところが映画では不可解にしか感じないとか、テルーが最後竜になるシーンなど、理解出来ないシーンが多いという意見が多く、俺は原作呼んでないけど、ホントそうなんだろうと思った。。。
逆にちゃんと原作みたいとも思ったし(笑)

この映画をこれから見ようかなって思ってる人は、あんまりオススメ出来ません(苦笑)
posted by はっち at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22302433

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。